まえの‐春日井のおいしいうなぎ屋さん探訪、春日井駅周辺でひつまぶしを食べる

sponsoredlink
Pocket

春日井市の鰻屋まえの

夏といえば、暑い、暑いといえば、活発になる、活発になるとスタミナが必要、スタミナにはうまいものを食べる。

ということで、何が「ということ」なのかわかりませんが、スタミナをつけようと、春日井市内にあるおいしい鰻屋さんを紹介します。

春日井市にはおいしい鰻屋さんはたくさんありますが、まず最初に紹介したいのが、まえのさんです。

春日井駅から歩いて15分くらいのところに本店が有ります。19号線沿いにも春日井市の瑞穂通に瑞穂通店という支店があります。

19号沿いの瑞穂通店は目立つところに有りますのでご存じの方も多いと思いますが、そこの本店は、19号線から少し奥に入ったところにあります。写真は本店の入り口です。

駐車場は十分にあります。まえの本店に行ったらもうまえのの周辺はうなぎを焼くときのタレの匂いが充満していて近くによっただけで美味しさが伝わってきそうになります。

鰻処まえののひつまぶし2850円

ひつまぶし

どうです、まえののひつまぶしです。美味しそうでしょう。

ひつまぶしにはお吸い物とフルーツもついています。真ん中にある白いツボはだし汁が入っていて最後にわさびと一緒にだし汁のお茶漬けとして楽しむものです。

「おいおい、はやくフタを開けてくれ、美味しさがわからないじゃないか」という声が聞こえてきそうですので、おまたせしました、まえののうなぎを御覧ください。

国産うなぎが食べられるまえの

ひつまぶし

まえののうなぎの特徴は、食感がとてもやわらかくて淡白なところです。うなぎのタレの味わいもそれほど濃くなくてちょっと薄いかなと感じさせるもののうなぎの美味しさをしっかり味わえます。

ひつまぶしの食べ方はまずは調味料など付けずにうなぎの味を楽しんでつぎにわさびやネギなどを乗せて味にアクセントを付けて、そして最後に出汁をうなぎ全体にかけてお茶漬けにしてサラサラと頂きます。

それら3種類のプロセエスを経てしっかりとうなぎを楽しめるのがひつまぶしの特徴ですが、まえののうなぎはそのどれの過程も美味しくいただくことができます。

一度まえののうなぎを味わってみたらいかがですか?

まえのへの交通アクセス

住所:春日井市八事町3-83

TEL:0568-81-8787

営業時間:

昼11:00~14:00

夜17:00~21:00

定休日

毎週水曜日:第三火曜日

sponsoredlink