春日井市でケアプランを作成から介護サービスの利用までしたい時のの手順

sponsoredlink

春日井市での介護サービスの利用の仕方

前回説明した、春日井市役所の介護保険課に申請して介護認定調査を受けたあとに、介護サービスが受けられるまでを説明します。

介護の認定調査をの結果が認定結果通知書として認定結果が自宅に届きます。結果は以下の3種類あります。

  1. 非該当(介護の必要がない)
  2. 要支援1.2
  3. 要介護1.2.3.4.5

介護認定結果に不服がある場合は60日以内に愛知県の介護保険審査会に不服申立てを行うことも可能です。

ケアプランの作成と介護サービスの利用

illust2181要介護、または要支援の認定を受けますと、春日井市の介護施設の介護サービスを利用することが出来るようになります。

自宅での介護を考えている方は、ケアマネージャー(居宅介護支援員)にケアプランを作成してもらうことになります。

春日井市内でケアマネージャーをお探しでしたら、居宅介護支援事業所のリストから選ぶか、地域包括支援センターで紹介してもらうことが可能です。

春日井市内の地域包括支援センターの一覧リストを参考にしてください。

介護サービスを受けるには信頼できる介護支援のパートナーとして評判の良い信頼できる人を選ぶことが大切です。

居宅サービスの利用

まずは、ケアマネージャーにアセスメント(課題分析)をしてもらいます。介護を受けるご本人の心身の状態や、ご家族との暮らし方、生活からその環境まで様々なめんからサポートし課題を分析します。

また、サービス担当者とよく話し合い、介護を受けるご本人がこれから改善に向かえるようなサービスをご家族とともにご相談して検討してケアプランを作成します。

 居宅サービスの種類

訪問介護

ホームヘルパーがご自宅まで訪問して食事の介護や日常生活上の支援、家事や生活の援助などのサポートをします。また、要支援の方には出来る限り自分でできることが増えるように手助けをするサービスです。

訪問入浴介護

大きなお風呂、浴槽を積んだ入浴専用のトラックのような車でご自宅に訪問し、お風呂にはいるのをお手伝いする介護サービスです。要支援の方も利用できますが、できる限り本人の自力の利用をお手伝いする形になります。

訪問看護

訪問看護ステーションから看護師さんや保健師さんがご自宅まで訪問し、療養生活を贈る上での助言やお世話などを行うサービスです。住み慣れたご家庭での看護を好む方に向いたその人にあった療養生活をおくることが可能になります。

訪問リハビリテーション

機能回復訓練の専門家である理学療法士などが利用者のご自宅に訪問してリハビリテーションを行います。住み慣れたご自宅での身体機能の回復を求める利用者の声に耳を傾けます。

居宅療養管理指導

通院が困難なご利用者のために、医師また歯科医師、薬剤師、管理栄養士、歯科衛生士などがご自宅まで訪問します。医学的な管理に基づいた介護サービスの指導や助言を行います。

通所サービスの種類

通所介護

デイサービスを受けられるデイサービス施設まで利用者がおもむき、そこで食事をしたり、入浴などの介護のサービスを受け、生活機能の向上や、同じ利用者たちとの交流をはかります。

通所リハビリテーション

リハビリテーション施設や介護老人保健施設などで理学療法士から身体機能の回復のためのリハビリテーションを受けます。通常日帰りで行われます。

入所サービス

短期入所生活介護(ショートステイ)

介護老人福祉施設などに短期間入所して食事や入浴などの介護サービスや生活の援助を通して普段の生活の維持や機能の向上のための訓練を行います。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)

介護老人保健施設や介護療養型医療施設などに短期入所して、医学的な管理のもとに医療や介護機能の訓練を行います。

sponsoredlink

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。